医療法人野尻会 熊本泌尿器科病院は泌尿器科、人工透析を専門とする病院です。

熊本泌尿器科病院 096-354-6781

〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目7-22

病院概要HOSPITAL OVERVIEW

病院概要詳細

所在地   熊本市中央区新町4丁目7-22
  TEL:096-354-6781 FAX:096-355-0231

   交通アクセス
病院敷地面積   3888.4u
建物   鉄筋コンクリート5階建(西館)・4階建(東館)・3階建(透析センター)
病床数   一般病棟(東館3・4階)28床・療養病棟(西館3・4階)24床
届出診療科目   泌尿器科、皮膚科、人工腎臓科、男性性感染症外科、麻酔科、腎臓内科
設備
  • 体外衝撃波尿路結石破砕装置(2台)
  • CT装置(マルチスライス)
  • 超音波検査装置、カラードプラー(4台)
  • レントゲン透視装置(2台)
  • 人工腎臓監視装置(94台)
  • ホルミウムレーザー装置
  • 軟性膀胱鏡
  • フェミスキャン
駐車場   115台
認定施設
  • 泌尿器科専門医教育施設(日本泌尿器科学会)
認定施設基準
  • 【基本診療料】
  • 一般病棟入院基本料(7対1入院基本料)
  • 療養病棟入院基本料1
  • 療養環境加算
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 短期滞在手術料2
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1(75:1)
  • 退院支援加算1
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • データ提出加算1 ロ)
  • 在宅復帰機能強化加算
  • 医療安全対策加算2
  • 超重症児(者)入院診療加算/準超重症児(者)入院診療加算
  • 重症皮膚潰瘍管理加算
  • 【特掲診療料】
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
  • 膀胱水圧拡張術
  • 検体検査管理加算T
  • コンピュータ断層撮影(CT撮影)
  • 麻酔管理料1
  • 医療機器安全管理料1
  • 糖尿病合併症管理料
  • 透析液水質確保加算2
  • がん治療連携指導料
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 検査・画像情報提供加算
  • 仙骨神経刺激装置植込術・交換術
  • 医科点数表2章第10部手術の通則の4及び5及び6に掲げる手術に
  • 係る施設基準2017年1月から12月の年間症例数
  •   (区分2)尿道形成手術等30件
  • 【入院時食事療法等】
  • 入院時食事療養(T)
  • 【その他届け出】
  • 酸素の購入単価


沿革

変遷の時期 変遷の内容
1957年 熊本で最初の泌尿器科専門の医院開業
1965年 新築し、野尻病院となる
1973年 6月 人工透析導入(人工腎臓:920点)
1983年 野尻明弘院長就任
1983年 野尻桂子医師入職(2002年に副院長へ就任)
1984年 国立熊本病院に次ぎ、県下で2番目に経尿道的尿管砕石術・経皮的腎砕石術開始
1986年 8月 新築移転
1987年 9月 51床から60床へ増床認可
1988年 7月 体外衝撃波結石破砕装置導入(熊本県下第1号)
?月 軟性膀胱鏡導入
1989年 12月 基準看護特1類承認(患者3:看護師1)
1992年 2月 全身用CT導入
1993年 1月 院内感染対策委員会発足
4月 基準看護特2類承認(患者2.5:看護師1)
9月 透析病棟増築
1994年 1月 基準看護特3類承認(患者2:看護師1)
4月 新看護基準認可(患者2:看護師1 看護師70%)
1996年 7月 職員向け院内新聞『野尻病院ニュース』創刊
12月 情報室発足
1998年 4月 体外衝撃波結石破砕装置 2台となる
9月 泌尿器科外来の院外処方開始(透析外来は1999年5月開始)
10月 クリティカルパス導入
10月 患者さん向け広報誌『しんまち倶楽部』創刊
1999年 4月 患者さん向け季刊誌『野尻病院便り』創刊
8月 透析患者さんへの講演会開催(以後栄養科主催の栄養教室は定期的に開催)
2000年 4月 全員運営部会(院内感染対策委員会・危機対策部会・教育研修部会・患者サービス
環境改善部会・物品購入管理部会・広報部会・業務改善部会・職員懇親部会)発足
8月 健軍野尻泌尿器科開院
2001年 6月 腹腔鏡手術導入
10月 定期的院内勉強会の開始
11月 医療法人野尻会設立許可
2002年 1月 医療法人野尻会 熊本泌尿器科病院・健軍熊本泌尿器科と改名
1月 自動生化学装置により院内検査開始
2月 透析ベッド増床、病棟は52床へ減床
8月 ホームページ開始
2003年 8月 病院機能評価受審プロジェクト委員会
10月 発足院内情報伝達手段としてグループウェア導入
10月 フロアー担当者配置
2004年 1月 診療情報管理室発足
1月 全体会議開始
4月 オーダーエントリーシステム稼動
4月 地域医療連携室発足
2005年 1月 TVT開始
2006年 7月 「日本医療機能評価機構」病院機能評価Ver.4.0認定
2007年 3月 経尿道的レーザー前立腺核出術(HoLEP)導入
12月 TOT開始
2008年 4月 10対1入院基本料へ
6月 メッシュによる臓器脱手術(TVM手術)導入
8月 軟性鏡を使用した経尿道的腎結石摘出術(f-TUL)導入
2009年 2月 透析室改修
9月 垣内康之医師入職(副院長)、麻酔科標榜
2011年 5月 7対1入院基本料
2012年 1月 PVP開始(グリーンレーザー導入)
3月 地域連携勉強会開催
6月 診療録管理体制加算算定開始
2013年 3月 デイサービス しんまち 開設
5月 オーバーナイト透析開始
6月 ケアプランしんまち 開設
2014年 5月 透析センターオープン
10月 一般病棟(32床)・療養病棟(20床)へ病床数変更
2015年 3月 療養病棟 在宅復帰機能強化加算算定開始
2016年 8月 電子カルテ導入
2017年 5月 新棟増築
6月 退院支援加算1算定開始
7月 一般病棟(7対1)28床、療養病棟(20対1)24床へ病床数変更

バナースペース

    医療法人 野尻会 
    熊本泌尿器科病院

〒860-0004
熊本県熊本市中央区新町4丁目7-22

TEL 096-354-6781
FAX 096-355-0231

MAP
map

駐車場のご案内