本文へスキップ

医療法人野尻会 熊本泌尿器科病院は泌尿器科、人工透析を専門とする病院です。

熊本泌尿器科病院 096-354-6781

〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目7-22

人工腎臓科THE ARTIFICIALKIDNEY DEPARTMENT


  人工腎臓科では、腎臓が機能しなくなり尿が出なくなった時に生じる、血圧の上昇、老廃物が溜まった時の吐き気・食欲不振や水分が溜まった時のむくみや息苦しさ、造血ホルモンのバランスが崩れる事による貧血等の症状を改善する目的として血液浄化療法(透析)を行います。

  また、人工腎臓科では、医師や看護師だけでなく、臨床工学技士・臨床検査技師・栄養士等のコメディカルが連携し患者さんをサポートします。

医師紹介

 副院長 野上 千佐  日本内科学会総合内科専門医
 日本医師会認定産業医
 腎臓内科部長 高森 浩  
 理事長 野尻 明弘  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
 総院長 鍋倉 康文  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
 院長 井 秀隆  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
 泌尿器科部長 狩野 武洋  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
 医師 浅山 縁  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
 医師 谷川 史城  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
 医師 松永 欣也  日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医


症状と疾患

  腎臓の機能が低下し、正常に働かなくなった状態を腎不全といいます。腎不全急性腎不全慢性腎不全に分けられます。

  急性腎不全は、数時間〜数日で腎不全となり生命を維持できなくなった状態ですが適切な治療により腎機能は大部分回復します。

  慢性腎不全は、数年〜十数年以上経過して徐々に進行し腎不全となった状態です。慢性腎不全になると腎機能は回復不可能となります。
慢性腎不全が進行し末期の状態になると腎機能が極端に低下するため人工透析や腎臓移植が必要となります。

当病院の人工腎臓科の特色

  1. 多くのスタッフが専門的資格(透析技術認定士)等を持っており、安心・安全な対応を行っているます。
  2. 医師・看護師だけでなく臨床工学技士臨床検査技師管理栄養士など他職種が連携して患者さんのサポートを行っています。
  3. 内科医師による糖尿病の管理、皮膚科医師によるフットケアも行っています。
  4. 透析に不可欠な透析液の清浄化を行っており、これにより安心・安全な透析液を提供しています。
    また、OnlineHDFも清浄化された透析液を使用し施行しています。
  5. インフルエンザ等の感染拡大を防止するため、専用の部屋を設けています。

バナースペース

    医療法人 野尻会 
    熊本泌尿器科病院

〒860-0004
熊本県熊本市中央区新町4丁目7-22

TEL 096-354-6781
FAX 096-355-0231

MAP
map

駐車場のご案内