当院は泌尿器科、人工透析を専門とする病院です。

熊本泌尿器科病院
電話番号

コンテンツ

ご利用案内

泌尿器科受付時間
午前(月~土)
8:00~11:30
午後(月~水)
13:00~16:30
午後(金)
13:00~18:30
皮膚科受付時間
午後(月・水・金)
13:00~16:30
腎臓内科受付時間
午前(水・金・土)
午後(水)
予約制
面会時間
12:00~20:00
当院について

当院について

病院沿革

1957年 熊本初の泌尿器科専門医院を開業
1965年 野尻病院を開院(医院閉院)
1973年 人工透析を導入
1984年 国立熊本病院に次ぎ、県下で2番目に経尿道的尿管砕石術・経皮的腎砕石術開始
1986年 野尻病院を新築移転(現在の西館)
1988年 体外衝撃波結石破砕装置を導入(熊本県下第1号)
1993年 透析病棟を増築
1998年 体外衝撃波結石破砕装置を2台に増設
2001年 腹腔鏡手術を導入
医療法人野尻会を設立
2002年 熊本泌尿器科病院に名称変更
2003年 院内情報伝達手段としてグループウェアを導入
2004年 オーダーエントリーシステムが稼動
2005年 TVTを開始
2006年 「日本医療機能評価機構」病院機能評価Ver.4.0認定
2007年 経尿道的レーザー前立腺核出術(HoLEP)を導入
TOTを開始
2008年 メッシュによる臓器脱手術(TVM手術)を導入
2008年 軟性鏡を使用した経尿道的腎結石摘出術(f-TUL)を導入
2012年 前立腺レーザー蒸散術(PVP)を開始
2013年 デイサービスしんまち(通所介護事業所)を開設
オーバーナイト透析を開始
ケアプランしんまち(居宅介護支援事業所)を開設
2014年 透析センターオープン
一般病棟(32床)・療養病棟(20床)へ病床数を変更
2016年 電子カルテを導入
2017年 東棟を建設(外来・一般病棟・手術室を移転)
16列CT装置導入
救急病院に認定
一般病棟(7対1)28床、療養病棟(20対1)24床へ病床数変更
骨密度測定器導入
2018年 接触式レーザー前立腺蒸散術(CVP)を開始
仙骨神経刺激装置植込術及び仙骨神経刺激装置交換術(SNM)開始
2019年 腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)を開始
一般病棟(7対1)28床のうち6床を地域包括ケア病床に変更

PAGE TOP